ピアノ脱力法メソッド誕生秘話

メソッド開発者
大嶋聡子
メソッド開発者 大嶋聡子

ピアノ脱力法メソッドの成り立ちをお話します。

疲れたままで、弾いていませんか?


 現代は、心身共に非常にストレスの多い時代です。楽器を練習する前から身体が疲れている方も多いのではないでしょうか?疲れに気づいていますか?また、練習の疲れを残していませんか?身体がカチカチで疲れが溜まっている状態で練習をして、満足のいく音がだせるでしょうか?



 音大時代は、テクニックのなさで弾きたい曲が弾けないことに悩んでいました。さらに、卒業したら独りでは何もできないことに気づきました。それからは、様々な先生に教わったり、音楽やピアノに関する様々なことを学びに出かけました。身長153cm程の手の大きさからすると、決して恵まれているとは言えないでしょう。



 練習に殆どの時間を使える独身時代から、3人の子供の子育てに至るまでの、自分自身の経験を元に、まず日々の疲れを軽減してから脱力へと導くプログラムを、約20年かけて作り上げてきました。


 毎日練習できるどころか、ピアノを弾けない日が続くことも多くある中で、通常なら確実にテクニックが低下するであろうところを、このメソッドを続けることによって自分の悩みさえも解決していくことができたのです


 このメソッドの特長は、ベストの状態を再現できるということです。だから毎日練習できない人でも、確実にステップアップできるのです。

次回は、『ピアノ脱力法メソッドとは何なのか?』ということについてお話します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。