ピアノ脱力法メソッドとは

脱力法メソッドのこだわり

「ピアノ脱力法メソッド」は、まず日々の疲れも含めた身体の疲れを取り除き、脱力した最良の状態にします

また、脱力した奏法によって、演奏中の疲労をできる限り少なくします。さらに、演奏後の緊張、疲れを取り除き、ベストな状態を維持します。

それを、ご自分で行うことができます。

脱力とは?

ピアノ脱力法メソッドにおける脱力とは 『不必要な力が入っていない状態』『必要最低限の力が入っている状態』としています。

「ピアニストにも脱力が必要」と、日本でも1990年頃から言われてきました。

ピアノ演奏についての脱力とは、『筋肉の状態』を指します。

筋肉は緊張状態ではなく、できるだけ弛緩状態が良いわけです。

脱力(弛緩)してしまっては、ピアノを弾くことができないと思うかも知れませんが、身体の支えは別にあります。

支えは骨で、脱力は筋肉と考えるとわかりやすいでしょう。

筋肉の状態は、入力の時間をなるべく短くすることで、緊張状態を最小限にします。

筋肉ではなく脱力

演奏に必要な部位の筋力は、もちろん必要です。しかし、その筋力は、練習する中でつけていくのが理想的です。

身体や指などに負担をかけ、必要以上の筋力をつけることは、美しい音色を遠ざけ、演奏する心と身体を分離し、空回りの原因になります。(筆者経験済み)

演奏には、筋肉を使います。そして、使ったあとには疲れが残ります。それは、毎日蓄積されていきます。長年経ったある時、痛みを発したり、動かなくなってしまったりします。ですから、疲れを取り除くメンテナンスが必要です。

そのメンテナンスの役割も果たすのが「ピアノ脱力法」になります。

でも、どうして脱力ができないの?

そもそも筋肉には、入力回路はあっても、脱力するという回路は備わっていないそうです。

楽器を演奏するということは、スポーツと同じく、筋肉や骨を動かして運動をしているわけですから、意識せずにただ動かしていれば、硬くなるのは当然といえます。

身体の柔軟性はあった方が良いですが、身体が柔らかいからといって、脱力ができるとは限りません。一見柔らかいのですが、芯部が硬くなっている方を見かけます。そうすると、音色は痛い音であったり、全く芯のない音であったりします。

脱力は新しく修得するべきテクニックと言えます

どうして脱力ができないといけないの?

脱力の反対軸にあるのが「入力」で、力を入れている状態の事をここでは指します。

もしあなたが常に入力していると、どうなるでしょうか?固まり、動きづらくなります。そのまま入力し続けると、壊れてしまいます。

入力後の素早い脱力、不必要な部位の脱力は、演奏の寿命を伸ばします。

何よりも大切なのは、脱力した身体からは、伸びやかな美しい音が生まれるということです。そして、楽に弾けるようになれるのです。楽に弾ける=練習が少なくて済む=効率的な練習ができる。こうなったら嬉しいですか?

ショパンは『頭の先から足の先まで柔軟に保つこと』と言っています力まない自由な身体は、思うように音楽を表現するためには、必要不可欠なのです

脱力が出来ないとどうなるの?

さまざまな不具合が起きます。

肩が凝る、腰が辛い、首が痛い、肘や手首を痛める、身体が疲れる、音が伸びない、音が響かない、音色の変化に乏しい、フレージングが上手くいかない、アーティキュレーションが上手くできない、表現力が足りない、本番で緊張すると身体まで固まってしまう、などなど。

テクニック面、表現力、精神面、体力面で効果を発揮するのが「脱力法メソッド」です。

ピアノ脱力法メソッドを習得すると手に入ること

ピアノ脱力法メソッドなら、上達するために必要な以下の能力が手に入ります。

プロセス力

脱力への一つ一つの過程を、適切な順番で習得していくことができます。

応用力

習得した基礎を元に、自分自身で応用していく力が身についていきます。

限界突破

今まで無理と諦めていたことを、自ら打破していくことが可能になります。

・・・このように、自分自身の身体と対話ができ、常に向上するための基礎力定着を可能にするのがピアノ脱力法メソッドの強みです。

脱力の土台

ピアノ演奏における脱力には重要な3つの要素があります。

  1. ゆるめる
  2. つなげる
  3. ささえる

それぞれについて、簡単に説明させて頂きます。

ゆるめる

身体の深部にある筋肉や関節の強張りをほぐし、緩めていきます。

今、どこを緩めているのかを明確に意識しながら、部分ごとに丁寧に緩めていき、全身の脱力、連動へとつなげていきます。

あごをゆるめる・ぼかし

顎関節をゆるめることが全身の強張りを緩める第一歩。

なぜなら、顎関節(口)は動物の発生上において全ての器官の始まりだからです。

演奏するときや日常生活の中で、気付くと歯を食いしばっていませんか?

 

肩、肘、手首、指

ピアノを弾くときに使うのは指先とよく言われます。

指はどこから始まっていますか?指はどこにつながっていますか?

指に負担をかけないためには、一部分だけでなく全体を連動させて使う必要があります。

まずは指から耳(顎関節)へとつながるラインをゆるめて自由に動かせるように整えます。



ピアノを弾くと足が疲れる。これって私だけ?

いえ、足が疲れるという悩みの相談はとても多いのです。

脚の筋肉は骨盤の中を通り、お腹の深層部へとつながっています。

このラインをゆるめて整えます。

骨盤

上半身と下半身をつなげる役割を持つのが骨盤。

骨盤の周囲をゆるめることで、上半身と下半身を連動させ、骨盤を正しい位置、正しい形に整えます。

つなげる

ピアノを演奏する際に力が入ってしまう最大の原因と言っても過言ではないのは、指先だけ、足先だけのように、身体の末端’を一部分だけ動かそうとすることです。

上記のように、身体の各部分を丁寧にゆるめてほぐしていくと、各部位をそれぞれの部分のみで使わず、連携させて使うことができるようになります。

指から手首。手首から肩へ、顎関節へ。

腕の筋肉も、肩の周囲、脇の下、背中、肋骨の周辺と色々な部位へつながっています。

指が疲れるのは指先だけで弾いているから。

腱鞘炎になるのは腕全体のしなやかな連動が肘や手首で滞ってしまうから。

ペダルを踏んで脚が疲れるのは、たいてい足首だけ、または膝から下の筋肉だけでペダルを操作しているからです。

全身の筋肉の連動を理解し、意識する。

難しいことのように感じ、そんなことができるのかと疑問に思われる方も多いでしょう。

しかし、その具体的な方法はピアノ脱力法メソッドの内容を通じて体得することが可能です。

ささえる

全身の筋肉をゆるめ、整え、連動させる。

その感覚が掴めても、脱力しきった状態でピアノを演奏するのは不可能です。

そこで必要になるのが正しいフォーム、脱力した身体の重みを受け止めるための支えです。

腕の重さを支えるのは指です。指に乗る重みを受け止めるためには、正しい指のフォームの形成が必要です。

上半身の重さを支えるのは坐骨です。

坐骨に正しく体重を乗せ、上半身も下半身も自由に動かせるための姿勢を保つことが必要です。

そして更に身体の強度を増すために必要なのが、身体の内部に筒状の腔を作ること。

姿勢

十分に筋肉が緩められた状態になれば、肋骨も動きます。

肺にしっかり空気を送り込み、肋骨を広げて身体を筒状に立てれば、力に頼ることなくボリュームのあるしっかりした音が出せるのです。

腰が反る、猫背になる等の悩みを持っている方は多いですが、身体の使い方を意識できるようになれば、正しい姿勢を作ることは可能です。

骨の周囲の筋肉を緩めることで、骨格は動きます。

自分で姿勢を整えることができると身体は安定し、全身を連動させて使えるようになると楽に弾けるので、心にも余裕が生まれます。

その結果、よりいっそう自分の音に耳を傾けることができるようになります。

  1. ゆるめる
  2. つなげる
  3. ささえる

以上、脱力に必要な3つの要素についてご説明しました。

しっかりと身体をゆるめて連携させ、必要な支えを作ってしなやかな動きを受け止める。

その理論的かつ具体的な方法を習得するためのプログラムがピアノ脱力法メソッドなのです。

全ての動きに理論的裏づけがあり、身体の使い方が具体的にマニュアル化されているため、一度受講されるとご自分でも実践できるようになります。

再現性の高さがこのメソッドの特徴であり強みです。

脱力した状態で演奏できるようになると、身体が楽になるだけではなく、精神的な安定も得られます。

ピアノ脱力法メソッドのセミナー受講生からは、舞台袖でメソッドの一部を実践して本番に備えることで、落ち着いて演奏できる、緊張がほぐれる、という声が本当に多数寄せられています。

どんな人が実践してるの?

ピアノ脱力法は、どんな方でもベストの状態を再現できます。なので、毎日弾いている人から、毎日練習できない人まで、誰でも確実にステップアップできるのです。

ピアノ講師の方に

ある時、同じくピアノを指導している先生方にこのメソッドをお伝えしたところ、私自身が驚く程、短期間に素晴らしい効果があったのです。

一回で劇的な効果がある方もいらっしゃいました。

もしかしたらこのメソッドは、悩みのある方や初心者の方、また指導に、大変役立つかもしれない、と気づきました。

こんなに効果的なら、自分の生徒達にもしっかり教えなければと思い、方法を考えました。子供達は素直ですから、重要なところを少し教えれば、どんどん吸収してくれました。

音も手もアッという間に変わります。大人の方でさえも同様に、すぐに変わります。

ピアニストの方に

演奏活動を続けているピアニストの方が、突然テクニックの低下を感じたり、故障について、職業病だと諦めていることがあるといいます。

そんな方や、忙しくて疲れが取れずに弾き続けている方にも、大変効果的かつ、短期間に効果の出る方法です

様々な楽器を演奏する方に

このメソッドは、どんな楽器でも多用する、「肩、背中、首、頭、腕、手、指」の脱力実践法です。そして、「肩、腕、手、指」の可動域を拡げます。

楽器を演奏する、という動きだけでは得られない脱力感覚を体験できます。

練習後の疲れを残さないために、クールダウンとしても最適です。また、練習前に行うことによって身体も音も確実に変わります。

もっと詳しい説明を知りたい方へ

「ピアノ脱力法」という言葉を初めて聞かれた方は、まず以下の無料メールマガジンにご登録ください。

読むだけで「脱力法」とは何かが分かるメールマガジンです。

メルマガ7日間講座『ピアノを脱力して弾くための7つの方法』

読むだけで、ピアノの上達に対する視座が上がるメルマガ講座です。

無料で7日間の講座型に整えてお届けしております。

ピアノ上達に必須の脱力をするのに必要な7つの方法について書いています。

  • 1日目:支えを作る
  • 2日目:骨盤を自由にする(上半身の自由と下半身の自由)
  • 3日目:腰は反らさない
  • 4日目:胸を拡げる(呼吸を使う)
  • 5日目:肩から弾かない(耳から弾く)
  • 6日目:素早く抜く(指の独立分離、重心は1本ずつ)不要な力を使わない
  • 7日目:使ったら回復させる

興味のある方は、無料ですのでお気軽にご購読下さい。

ピアノ講師のためのメルマガ7日間講座『生徒に教える脱力法』

読むだけで、ピアノ講師としての視座が上がる7日間のメール講座です。

無料で7日間に渡って以下の内容をお届けさせて頂きます。

  1. 脱力とは何か
  2. 脱力に必要な支え
  3. 支えの作り方
  4. 支えに乗せるもの
  5. 手首の脱力
  6. 重心移動
  7. 独立分離

ご興味のある方は、お気軽に手に取って頂ければと思います。

ピアニストとして限界突破するためのメールレター(無料)

ピアノ脱力法メソッド開発者大嶋聡子が、日々ピアノに向かって感じていること。

メソッド開発しながら感じていること。

レッスンをしていて思うこと。

ブログには書いていない深い部分や芸術色、ちょっとスピリチュアルなことや本音など、旬な想いを、真摯に、時には官能的に、1〜2週間に一度ずつ綴っていきます。

  • ピアノ脱力法メソッドがなぜ生まれたか。
  • どんな経緯をたどってきたか。

第一話の誕生ストーリーは中学生時代に遡ります。

こちらのメールアドレス(ezweb、softbank、docomo、Gmail)等には、メールが届かないことがあります。

登録しても返信メールが届かない場合はこちらをご覧いただき、メルマガを迷惑メールフォルダに入れないように設定し、再度ご登録ください。