『ブルグミュラー奏法講座vol.2』お申込み受付中!

セミナー担当:松村トレーナーより

こんにちは!

ピアノ脱力法メソッド®公認トレーナーの松村理子です。

ベーシックセミナー開催によせて

5/14(日)、6/4(日)、6/18(日)の

3回にわたって、

ピアノ脱力法メソッド®のベーシックセミナーが開催されます!

今回私は、

5/14の床と、6/4の椅子の講師を担当させていただきます^^

私がこのセミナーをおすすめする理由

私にはもうすぐ4歳になる娘がいるのですが、

出産してからの約4年間

全くと言っていいほどピアノに触れていませんでした

そんな私が何の抵抗もなくピアノを再開できたのは、

ピアノ脱力法メソッドの

「床」、「椅子」、「鍵盤」のトレーニングが

あったからです。

元々、創始者の大嶋先生や先輩トレーナーの皆さんからも

「メソッドがあるからブランクがあっても全然大丈夫!」

とお聞きしていたので、

何の心配もなく出産・育児に専念することができました。

むしろ、それが本当なのか検証できるのを、

楽しみにしていました(笑)

出産・育児のブランクから復帰…

そして月日が経ち、

ようやくピアノを再開しようと思った今、

最初に練習しようと決めた曲は

ショパンの「エチュードop.10-4」でした。

もしメソッドに出会っていなければ、

4年間のブランクの後に

まず最初にショパンのエチュードを弾くなどと、

考えもしなかったと思います。

そして実際に弾き始める時は、

「ハノン」を何時間も、ゆっくりと時間をかけて

弾くところから始めなければならなかったでしょう。

それが、たった30分足らずのメソッドの脱力・フィンガートレーニングで

何の抵抗もなく、エチュードの練習に取りかかることができました。

大嶋聡子
大嶋聡子

(メソッド的にはハノンはなしで全くOKです!)

ピアノ脱力法メソッドⓇの強みとは

「出したい音色や表現に、最速・最短でアプローチできる」のが、ピアノ脱力法メソッド®︎の強みです。

練習にむやみやたらに時間を費やす必要もなく、

限られた時間の中で、

必要なテクニックに、必要な分だけ

アプローチすることができます。

そして、実はリケジョ(理系女子)な私。

音大ではなく、理学部卒です。

テクニックや経験値では、音大卒の方には

遠く及ばないと感じていました。

そんな私だからこそ、

最速・最短で結果に結びつけることができる

このメソッドに出会えてよかったと、

心から感じています!

ご自分の経験や練習量が足りないと感じている方も、

「どうせ自分には無理」と諦める必要はありません

また、「弾けないのは、自分の努力が足りないせい」と自分を責める必要もありません

どんな自分でも、

制限なく、思い切り自分の弾きたい曲が弾ける!

その喜びを、一緒に体感しませんか??

たくさんの方に、メソッドの素晴らしさを

実感していただきたいです^^

私も講師として、精一杯お伝えしたいと思います!

ベーシックセミナー日程ご案内

5/14(日) 1.床(脱力トレーニング)

10:00~12:00

講師:松村理子

【ピアノを弾く時のご自分の身体を

理想的な状態にするための

脱力トレーニングです】

・身体、意識のコンディションを高める

・全身をゆるめ、連動して動かすことができるようになる

・身体の使いたい部分を意識的に、自在に使うことができるようになる

ベーシックセミナーの中でも

最も重要な、ピアノを弾く身体のための「土台」となる内容です。

6/4(日) 2.椅子(脱力・フィンガートレーニング)

10:00~12:00

講師:松村理子

【ピアノを弾く基本姿勢から、

上半身~手指の状態を整える

脱力・フィンガートレーニングです】

・基本姿勢で重要なポイントがわかる

・手指がふわっと拡がる!拡張トレーニング

・上半身を脱力し、かつ手指のしっかりとした支えを作る

椅子に座って行うトレーニングです。

美しい手指フォームを作り

各指の独立分離感覚を作ります。

6/18(日) 3.鍵盤(フィンガートレーニング)

10:00~12:00

講師:照喜名 良

【美しい音のための基本の打鍵~

重心移動、スケール・アルペジオまで

タッチの習得に欠かせないフィンガートレーニングです】

・腕の重みをそのまま鍵盤に伝える打鍵方法

・スケールを滑らかに弾くために、欠かせない親指の使い方

・力まず、すばやいタッチの打鍵を習得する方法

自分の本来持つ美しい音を引き出す

打鍵方法を学びます。

セミナーの詳細はこちらをご覧ください!

セミナー情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!