ピアノ脱力法メソッドとは?①

このページを見つけて下さってありがとうございます!

これから何回かに分けて、ピアノ脱力法メソッドについて詳しくお話していきます。

脱力法メソッドのこだわり

「ピアノ脱力法メソッド」は、まず日々の疲れも含めた身体の疲れを取り除き、脱力した最良の状態にします

また、脱力した奏法によって、演奏中の疲労をできる限り少なくします。さらに、演奏後の緊張、疲れを取り除き、ベストな状態を維持します。

それを、ご自分で行うことができます。

脱力とは?

ピアノ脱力法メソッドにおける脱力とは 『不必要な力が入っていない状態』『必要最低限の力が入っている状態』としています。

「ピアニストにも脱力が必要」と、日本でも1990年頃から言われてきました。

ピアノ演奏についての脱力とは、『筋肉の状態』を指します。

筋肉は緊張状態ではなく、できるだけ弛緩状態が良いわけです。

脱力(弛緩)してしまっては、ピアノを弾くことができないと思うかも知れませんが、身体の支えは別にあります。

支えは骨で、脱力は筋肉と考えるとわかりやすいでしょう。

筋肉の状態は、入力の時間をなるべく短くすることで、緊張状態を最小限にします。

筋肉ではなく脱力

演奏に必要な部位の筋力は、もちろん必要です。しかし、その筋力は、練習する中でつけていくのが理想的です。

身体や指などに負担をかけ、必要以上の筋力をつけることは、美しい音色を遠ざけ、演奏する心と身体を分離し、空回りの原因になります。(筆者経験済み)

演奏には、筋肉を使います。そして、使ったあとには疲れが残ります。それは、毎日蓄積されていきます。長年経ったある時、痛みを発したり、動かなくなってしまったりします。ですから、疲れを取り除くメンテナンスが必要です。

そのメンテナンスの役割も果たすのが「ピアノ脱力法メソッド」になります。

でも、どうして脱力ができないの?

そもそも筋肉には、入力回路はあっても、脱力するという回路は備わっていないそうです。

楽器を演奏するということは、スポーツと同じく、筋肉や骨を動かして運動をしているわけですから、意識せずにただ動かしていれば、硬くなるのは当然といえます。

身体の柔軟性はあった方が良いですが、身体が柔らかいからといって、脱力ができるとは限りません。一見柔らかいのですが、芯部が硬くなっている方を見かけます。そうすると、音色は痛い音であったり、全く芯のない音であったりします。

脱力は新しく修得するべきテクニックと言えます

次回は、どうして脱力ができなければいけないの?

ということについてお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。